ブックタイトル【総合カタログ】ダイジェスト版 水質測定器 2018

ページ
35/44

このページは 【総合カタログ】ダイジェスト版 水質測定器 2018 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

【総合カタログ】ダイジェスト版 水質測定器 2018

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

【総合カタログ】ダイジェスト版 水質測定器 2018

オンライン用残留塩素計「Chlorine3000」は、コンパクトなDPD比色法の遊離/全残留塩素計です。簡単操作、低ランニングコストの上、測定周期を任意に選択可能で飲料水や浄水の連続測定に最適です。測定原理DPD比色法測定範囲0 ~ 10.00㎎ /L分解能0.01㎎ /L正確性測定値の±5%もしくは±0.03㎎ /Lどちらか大きい方測定周期選択可能:110 ~ 600秒(10分)(初期設定:150秒)サンプル流量0.2L/min以上電 源AC100 ~ 240V、47 ~ 63Hz、150VA寸法・質量326(W)×129(D)×311(H)㎜2.5㎏(試薬なし)オンライン残留塩素計 Cクロラインhlorine 3000測定対象原水の塩素要求量測定方法紫外線加速連続電量滴定方式測定範囲0 ? 10㎎ /L 0 ? 20㎎ /L2段切替式応答速度15分以内電 源AC100Vサンプリングから測定まで、全自動で原水中のアンモニア性窒素、鉄、マンガン、有機物などすべての物質の塩素要求量を短時間に、連続的に、全自動測定します。モニタとして監視用に、また塩素注入機との組み合わせにより、的確な塩素注入をコントロールできます。塩素要求量計※現在、後継機種開発中です。お問合せください。測定原理3電極ポーラログラフ法(無試薬方式)測定範囲0.01 ~ 2.0mg/Lサンプル量6 ~ 20L/min構成部品リストモニタ GR-10フローセル FC-220Aセンサ RE-20C-010Y排水中に含有される全残留塩素を連続測定する残留塩素計です。無試薬型全残留塩素計。ビーズ洗浄・電気化学洗浄機構により保守頻度を低減。サンプル中の汚れに強く、配管の詰まりを押さえた大容量セルを標準装備しています。全残留塩素計GR-10B 型測定原理ボルタンメトリー法測定範囲5 ~ 50mg/Lまたは20 ~ 200mg/Lサンプル量1.2 ~ 2.0L/min構成部品リストモニタ IR-30 測定部 FL-27センサ RE-21C-010Nまたは RE-30C-010N滅菌、消毒のために使用される有効塩素を連続測定する為の専用塩素計です。広いpH範囲で使用可能。ビーズ洗浄・電気化学洗浄機構により保守頻度を低減します。有効塩素計IR-30-27 型測定原理3電極式ポーラログラフ法(無試薬方式)測定範囲0.05 ~ 3.00mg/Lサンプル量350 ~ 850mL/min構成部品リストモニタ IR-10フローセル FL-35センサ RE-22B浄水・配水専用遊離残留塩素計です。3電極式ポーラログラフ法採用によりサンプル中の干渉物質・導電率の影響を受けにくく、低イオン水・弱アルカリ水の測定も可能です。ビーズ洗浄・電気化学洗浄機構により保守頻度を低減します。浄水遊離残留塩素計IR-10-35-22 型汚泥界面・活性汚泥その他濁度・色度SS 窒素・リンTOC COD BOD マルチ測定導電率pH・ORPイオン残留塩素 吸光度 MLSSDO35