文献・資料


TOC -TOC-

PATアプリケーション:洗浄バリデーションと製品切替のためのアットラインTOC測定
PAT(プロセス分析技術)ガイダンスはリアルタイム監視技術を用いた医薬品の開発/製造/品質管理の向上を目的としたフレームワークです。
Sievers TOC計M9ポータブル型を用いた「アットライン」洗浄バリデーションのようなプロセス管理も推奨しています。アットラインで洗浄
バリデーション製品切替をすることで生産効率を向上させることが可能です。
PDFはこちらから
Sievers Mシリーズ ターボモードによる迅速な液漏れ検出
Sievers Mシリーズには4秒毎の測定が可能なターボモードがあります。ボイラー水や化学品の漏れをターボモードによりいち早く発見して問題へ
対処することができます。
PDFはこちらから
TOC計 Sievers InnovOx:ボイラー水モニタリング
ボイラー水に有機物が混入すると、高温高圧下で有機物が有機酸へと変化し、配管腐食の原因となります。そこでボイラー給水のTOCを監視する
ことで、設備損傷の原因となるTOC上昇をいち早く検知することができます。
PDFはこちらから
InnovOxを使用した食品&飲料の排水の有機物負荷量モニタリング
食品&飲料の製造工程では、製造用水/洗浄用水/ボイラー水/冷却水などの用途で、大量の水が必要です。 BODやCODよりも測定時間が早い
TOCを使って水処理を最適化することで、大幅なコスト削減を実現できます。
PDFはこちらから
TOCを使用した食品工場排水の汚濁負荷量の把握と制御
ある食品工場はTOCにより排水(調整槽 / 生物処理槽 放流口)と冷却水の有機物負荷量を監視し、社内基準に基づいて水質管理を行うことで排水
処理を最適化しました。
PDFはこちらから
食品&飲料メーカーが洗浄サイクルのTOC 分析により生産効率と品質管理を向上
多品種の製品を製造する食品&飲料工場では、製造設備の微生物汚染が課題でした。従来のATP拭き取り検査による微生物汚染の試験方法は、
汚れに対する精度と選択性が欠けており、誤検出のリスクがあります。TOCを使うことで、設備の全体的な洗浄度を適切に評価できます。
PDFはこちらから
洗浄評価:微生物のTOC回収率と直線性
食品&飲料の製品回収の主な原因は製品の微生物汚染です。洗浄プロセスの有効性を評価することが重要です。 TOCは目視検査よりも低濃度の
微生物残留を検出できます。
PDFはこちらから
オンラインTOC分析装置とTOCセンサーの比較
プロセス制御や法令遵守においてリスクを最小限に抑えるためには、用途に最も適したTOC計を選択することが重要です。二酸化炭素分離部を
持つTOC分析装置はTOCセンサーよりも精度が高く、規制当局への報告/品質保証/リアルタイムリリース/プロセス制御/システムバリデーションの
実施など、品質に関する重要な意思決定に使用できます。一方で直接導電率測定方式のTOCセンサーは一般的なトレンド分析/トラブル
シューティング/診断のために使用できます。
PDFはこちらから
アプリケーションに最適なTOCバイアルの選択
バイオ医薬品メーカーがバイアルセレクションガイドを使って、最適なTOCバイアルを決定した実例を紹介します。
PDFはこちらから
TOCバイアルセレクションガイド
あるサンプルを測定するためにはどのバイアルが最適であるかを決定するための手順書です。特に洗浄バリデーションでは、バイアルの種類に
よって回収率やRSDが大きく変わってくるため有効な資料となります。
PDFはこちらから
USP661(プラスチック包装システムと構成材料)の要求事項に対するTOC分析のコンプライアンス体制
USP661は医薬品用プラスチック容器(シリンジ、点滴バッグなど)に関して規定していますが、2016年5月に溶出物試験としてTOCが新たに
加わりました。2020年5月1日までは実装期間とされ、現在は実装済みになります。
PDFはこちらから
TOC計 Sievers M9 型を使ったUSP 661.1 プラスチック包装材料のスクリーニング
TOC計 Sievers M9 型はUSP <661.1>プラスチック包装の構成材料試験の要件に適合しています。このアプリケーションノートではUSP<661.1>
焦点を当て、試験に必要な材料と方法を紹介します。
PDFはこちらから
TOC計SieversM9 ポータブル型を使った製薬用水システムの管理とメンテナンス
製薬用水システムを適切に維持し管理することは難しいことです。製薬用水システムでは、純水製造からユースポイントまで多くの箇所で様々な
問題が発生します。設備洗浄後のリンスダウンや熱交換器からの冷媒の漏れ検知など、製薬用水システムの問題をリアルタイムで解決できる
アットライン/オンラインツールは、リスクを軽減し、設備のダウンタイム短縮に役立ちます。
PDFはこちらから
原水変化監視による水処理費用の節約:浄水場におけるTOCを利用したプロセス管理
米国のある浄水場は原水水質の季節変化による水質問題を抱えていました。Sievers TOC計を使用して、水処理薬品の投与量制御や、膜ろ過処理
設備の前処理方法を最適化しました。また、原水水質や人口の変化に素早く対応できるように、TOC リアルタイムで監視しています。
PDFはこちらから
将来のための計画:GAC処理とTOC分析を用いた水質保護
米国のある浄水場は、粒状活性炭処理により味/臭気の原因物質や消毒副生成物前駆物質を除去しています。 Sievers オンライン TOC計によって
粒状活性炭処理プロセスを最適化しました。その結果、薬品投与量を削減し、安全な水道水を安定して供給できるようになりました。
PDFはこちらから
TOCを使った凝集剤投与量の制御による水処理の信頼性向上
米国のある浄水場の原水は地下水と地表水です。温度/流量/水質の季節変動が大きいため、原水のTOC/アルカリ度/濁度を監視することで、
水質の季節変化に応じて凝集剤投与量を正確に調整しています。将来的には凝集剤投与量のデータ駆動型自動調整を目指しています。
PDFはこちらから
浄水場における水処理プロセス最適化ツールとしてのTOC分析
消毒副生成物(DBP)との関連性から、TOCは浄水場における重要な水質分析ツールです。TOCは単独では無害ですが、消毒剤と反応すると
有害な副生成物を生成する可能性が あります。しかし、飲料水のTOC基準値は、必ずしもDBP規制やTOC監視要件を満たしません。また、TOCは
水処理工程を最適化するための重要なパラメータでもあり、原水や給水設備の水質の安全性の指標にもなります。TOCは浄水場での適用範囲が
広く、試験室やオンラインなど場所を問わず測定できます。
PDFはこちらから
TOCを利用したMIEXシステムの最適化
環境水中の天然有機物(NOM)は消毒副生成物の原因物質となるため、多くの浄水場はMIEX(帯磁性イオン交換樹脂)システムによりNOM
を除去します。 Sievers TOC計は、測定時間が短く、正確なデータが得られるため、MIEXの最適化やプロセス制御に役立ちます。
PDFはこちらから
NOMとDBP管理のためのイオン交換システムのプロセス制御強化
米国のある浄水場はイオン交換システムで地下水の有機物を除去し、消毒副生成物の生成を抑制しています。イオン交換樹脂は時間経過により
有機物で汚染されるため樹脂再生が必要です。Sievers TOC計で水処理前後のTOCを測定することで、水処理プロセスを最適化しています。
PDFはこちらから
全有機炭素 (TOC) 分析による富栄養化防止の最適化
排水処理において富栄養化の原因となる窒素化合物には排出基準があります。排水中の窒素を除去するためには脱窒処理が有効です。脱窒処理
のひとつである生物学的処理法は、嫌気性環境下で微生物を使用して炭素源を供給して硝酸塩を窒素ガスに還元します。この際、微生物の生存に
適した炭素量の維持が重要ですが、脱窒後の工程でTOCをオンライン分析することで炭素量と窒素除去の状況をリアルタイムで知ることができ
ます。TOCによって排水処理設備を最適化して栄養塩や有機汚染物質を効率的に除去できます。
PDFはこちらから
TOCモニタリングによるプロセス最適化と規制遵守(モンタナ州ヘレナ市浄水場)
米国のある浄水場の課題は水質の季節変化でした。従来のTOC分析は外部委託でしたが、結果が取得まで時間がかかり、水質変化への柔軟な対応が
困難でした。 Sievers TOC計を使って原水の季節変化をリアルタイムで把握して、コスト削減とプロセス効率向上に取り組んでいます。
PDFはこちらから
飲用水へ再利用するための信頼性の高い有機物モニタリング
水の再利用による運転効率向上やコスト削減の効果は知られていますが、実施例は多くありません。気候変動/都市化/人口増加により、水の再利用
技術への要求が高まりつつあります。TOCモニタリングは、最適な水処理効率の維持、水質要件の達成、公衆衛生保護に役立ちます。
PDFはこちらから
SieversTOC計InnovOxラボ型を使用した顔料工場における最終放流水のBOD管理
ある顔料工場は、排水の有機物濃度の変化が大きいため最終放流水のBOD管理に困っていました。従来使用していたバイオセンサ方式のBOD計は
メンテナンス頻度が多いため、頑丈な装置を探していました。測定時間が早くメンテナンスが容易なInnovOxを採用しました。
PDFはこちらから
TOC計を利用した冷却排水モニタリング
ある化学工場はTOC計を使って冷却排水の有機物濃度を監視しています。TOCはCODや BODよりも迅速に結果が得られ、UV 計では検知できない
有機物も検出できます。
PDFはこちらから
M5310Cを使った冷却水の水質保証
ある化学工場では河川水を冷却水として使用し、使用後の排水は河川に放流しています。放流水にはTOC排水基準値が定められているため、
TOC 計M5310Cオンライン型を使って放流水のTOCを監視しています。また、クロスチェック用にM5310Cラボ型も使用しています。
PDFはこちらから
製糖工場におけるTOC利用例:設備への製品漏れ検出
アメリカの製糖会社はボイラー設備を利用しています。ボイラーで生成された蒸気は何度か再利用した後、凝縮させて冷却水として利用します。
凝縮水や冷却水に糖が混入すると、設備内で糖が分解されて有機酸となり、設備故障の原因となります。既存の分析方法(pH導電率HPLC)は糖の
漏れを検出するには不十分ですが、TOCは正確に糖を検出することができます。
PDFはこちらから
TOC計 Sievers InnovOx ラボ型を使用した過酸化水素のTOC分析
一般的に過酸化水素に含まれる不純物としてのTOC測定は難しいと言われていますが、 InnovOxは30%の過酸化水素に添加した有機物
(カフェイン)測ることができます。
PDFはこちらから
TOC計によるボイラー運転コスト削減
アメリカの火力発電所では、TOCでボイラー水へのグリコール漏れを管理しています。冷却水としてグリコールが使用されますが、密閉式冷却水
ループからボイラー水に冷却水が混じると、熱と圧力によりグリコールが有機酸へと変化し、ボイラーシステム損傷の原因となります。
一般的にボイラー水で監視されるpHや導電率ではグリコール漏れを検出することができませんが、TOCは正確にグリコール漏れを検出すること
できます。
PDFはこちらから
香料メーカーの製品品質を保護するためにTOCが役立ちます
香料メーカーではATP拭き取り検査による洗浄評価が一般的ですが、一部の香料は検出できないため、嗅覚による官能試験が行われます。
官能試験は測定結果を定量化できず、個人差も大きいです。TOC を使うことで洗浄結果の定量化と洗浄プロセスの最適化を達成できます。
PDFはこちらから
発電所における蒸気凝縮液中のエチレングリコール漏れの早期検出
発電所では熱交換器の冷媒としてエチレングリコールが使用されます。ただし、復水器などからエチレングリコールが凝縮水中に漏れてしまうと、
高温・高圧の条件下でエチレングリコールは有機酸へと変化し、設備腐食の原因となります。pHや導電率だと漏れの発見が遅れてしまいますが、
TOCなら早期に漏れを発見することができます。
PDFはこちらから
発電設備における水処理の課題をTOCモニタリングで解決
ボイラー水質を監視することで、設備の保全や不要な稼働停止を防止できます。水処理を最適化することで、ボイラー水管やタービン翼への汚染を
最小限に抑えられます。主な腐食原因とされているTOCを監視することで有機物汚染を低減できます。有機物汚染の発生源は様々で、多糖類のよう
に導電率やUVでは検出できない物質もあります。TOCは発電設備におけるボイラー水の有機汚染を正確に監視できます。
PDFはこちらから
高純度蒸気の生成と効率的な発電のためのTOCとホウ素のオンラインモニタリング
ある発電所はシリカのスケールによる設備の稼働停止に悩んでいました。スケールの原因となるボイラー水への汚染物質の混入を監視する方法
としてホウ素とTOCの監視を採用しました。他のイオンよりも前にイオン交換樹脂から溶出する微量のホウ素を監視することで、シリカなど他の
汚染物質の混入も防ぐことができます。TOCはサンプルに含まれるすべての有機化合物を測定します。ボイラー設備内で腐食性の酸性ガスに変化
する有機物をTOCで監視することで設備の腐食を防ぐことができます。
PDFはこちらから
Tampa 電力 Polk 発電所は、逆浸透膜を保護するためにTOC計オンライン型を使用しています
米国の発電所ではTOC計 Sievers M9 オンライン型を導入、オンライン監視をしてRO処理の前処理工程であるUF膜処理/凝集処理/塩素処理の
処理効率を評価しました。濁度や導電率とTOCを組み合わせることで、水処理の最適化が期待できます。
PDFはこちらから
TOC計 Sievers InnovOx ラボ型を使用した硫酸中のTOC分析
InnovOxは、最大24%の濃硫酸に含まれるわずかな有機物(KHP 100ppb 2ppm)を精度よく正確に測定することができます。
PDFはこちらから
TOC計Sievers InnovOx ES Labによる6N硝酸の有機物分析
硝酸は様々な産業で原材料として使用されます。従来の有機物測定は測定精度が悪く測定時間も長かったですが、InnovOxは硝酸中の有機物を
正確・迅速に測定できます。
PDFはこちらから
Sievers 褐色TOCバイアル
外光の影響でサンプルが変化することを防ぐ効果があるバイアルを紹介します。
PDFはこちらから
Sievers InnovOx ラボ型によるブライン水の最適なTOC分析手順
ブライン水(~30%)のTOCを測定するための測定モード、検量線、試薬、洗浄方法などの手順を紹介しています。
PDFはこちらから
Sievers InnovOx ラボ型による海水の最適なTOC分析手順
海水(~5 %)のTOCを測定するための測定モード、検量線、試薬、洗浄方法などの手順を紹介しています。
PDFはこちらから
オンラインTOC測定比較:センサーと分析装置
ガス透過膜式導電率タイプ(MCタイプ)と直接導電率タイプ(DCタイプ)を比較します。MCタイプはいろいろな有機化合物を測定できること、
分析法バリデーションに対応できることがメリットです。
PDFはこちらから
製薬用水向けTOC分析装置とTOCセンサーの比較
製薬用水の監視用に使用されるオンラインTOC計はUSP/EPシステム適合性試験の要件を満たしていても、測定技術が異なると有機化合物の回収率
に差があることが知られています。そのため、TOCの堅牢性のバリデーションは、特に製薬用水のリアルタイムリリースシステムには不可欠です。
製薬用水のリアルタイムリリースや洗浄バリデーションに適した二酸化炭素分離部を持つTOC計と、一般的なトレンド分析やモニタリング役立つ
TOCセンサーを使った各種有機物の回収率の違いを紹介します。
PDFはこちらから
導電率のブリッジングスタディー:ラボ型導電率計 から Sievers M9型 へ
ブリッジングスタディーを紹介します。導電率の測定要件はUSP <645>に3段階のステージが規定されています。ステージ1の試験は基準値が最も
厳しいですが、測定操作は最も簡単なため望ましい運用方法です。Sievers M9データインテグリティ/サンプルインテグリティ/自動化の面で
メリットがあるため、分析方法の移行は製薬会社にとって非常に魅力的です。
PDFはこちらから
Sievers M9型の導電率測定機能_製薬用水を測定するためのベストプラクティス
USP<645>ステージ1の導電率測定は、非常に低濃度域を測定するため、サンプリングや測定操作には注意が必要です。操作方法の注意点、
データを担保するための方法などを紹介します。
PDFはこちらから
M9を使ったグルテンのTOC回収率
グルテンフリー製品の工場では、グルテンの残留試験を行う必要があります。TOCは従来の ELISA法よりも簡単/短時間/高精度にグルテン由来の
有機物汚染を検出できます。
PDFはこちらから
Sievers M9の導電率測定の適合性
SieversのTOC 計は、超純水 ( モニタリングや医薬品試験において、長年の信頼性 迅速な分析コンプライアンスを提供します。USP<645>と
EP 2.2.38 に適合したステージ 1 の導電率を同時に測定できるため、効率を高めることができます。このアプリケーションノートでは、
TOC計 Sievers M9 型が EP 2.2.38 と USP<645> にどのように適合するのかについて説明します。
PDFはこちらから
製油所の水質監視:リアルタイムデータが品質法令順守リユースに与える影響
製油所では原水、ボイラー水、冷却水、再生水、排水など様々な種類の水が使用されます。
用途によって要求される水質が異なりますが、TOCで水質を監視することで意思決定やプロセス改善に繋がり、費用や時間の削減に
役立てることができます。
このテクニカルホワイトペーパーでは、製油所における様々の水の用途やTOC監視によるメリットを紹介しています。
PDFはこちらから
Sievers TOC計による漏れ検知と設備保護のための凝縮水モニタリング
製油所におけるボイラー凝縮水のTOCモニタリングに関するケーススタディーです。
米国のある製油所ではボイラー凝縮水の汚染による設備の故障や修理を防ぐために、新しい凝縮水の監視方法を探していました。
設備を健全に保つためには、ボイラー凝縮水のTOCを数百ppb~数ppm程度に維持する必要があります。
そこで、水質の変化を迅速に検出でき、低濃度域を高感度で測定でき、キャリアガスが不要なM5310Cが選ばれました。
PDFはこちらから

ページ上部へ戻る